お互いに楽しいものにするためにテレフォンセックスのマナーには気をつけよう!

テレフォンセックスであれば、誰とも顔を合わせることが無く他人とバーチャルなセックスをすることが可能です。しかし、電話越しだからと言って何をしてもいいというわけではありません。ちゃんとそれなりのマナーを守らなければいけませんし、やってはいけないこともあります。

そういうことをしてしまうとお気に入りの異性がいたとしても次から門前払いを食らうことにもなります。

■時間を掛けてコミュニケーションを取る
テレフォンセックスは実際に出会ってセックスを行うというわけではなく、電話を通して疑似セックスを行うものです。そういう意味では、相手の顔が見えずに音声だけでセックスをやることが求められます。そのためには、実際に会うよりももっとコミュニケーションに気をつける必要が出てきます。

実際に会えばどういうトーンで言っているのかを表情で読み取ることができますので、相手の気持ちはすぐに理解できるでしょう。しかし、テレフォンセックスでは電話でしかコミュニケーションができませんので、相手のことを気遣った上でコミュニケーションを取らないと、勘違いやすれ違いが起こりやすいです。

■最初はきちんと挨拶をする
テレフォンセックスを前提にしているからと言っても、唐突に下ネタに走っていいというわけではありません。まずはお互いがどういう人なのかということを知らせるためのあいさつはしっかりとやっておきましょう。お互いの警戒心が解けた段階で本題に行くようにしてください。

テレフォンセックスを行う前に前戯として自分がどういう人なのかということについて開示したほうがいいでしょう。どういうことをやってほしいのかということをお互い了解を取りながらやっていくわけです。そういう風に時間を掛けてコミュニケーションを取っていかないと、相手を傷つける言葉を発している可能性がありますので、常に最新の注意を払います。

■相手のことを配慮する
テレフォンセックスはお互いマナーを守ることによって、気持ちのいい空間が出来上がるわけです。このマナーを守らないことにによって気持ちよくならなかったり、大きなトラブルに見舞われたりもしますので、ぜひともマナーは守るようにしましょう。

ポイントとしてはお互いの声や音をうまく使うということです。自分はどういう感じで気持ちよくなるのか、相手にどういうことをやってほしいのかということを追求することが大切です。また、相手がどういう感じで気持ちよくなるのかを考えることも必要になってきます。

そのために、どういう風に声や音を使ってより高い興奮を味わえるのかをパートナーと確かめることです。オナニーをやっているわけではありませんので、お互いが空気を読みながら言葉のやり取りを行う上で、絶頂に達すればいいわけです。自分が気持ちよくなることだけを考えて、相手にエッチな言葉を投げかけるのはキャッチボールができていないのでよくないです。

参照資料■テレフォンセックスのピンクトーク http://pink-talk.com/

一番最悪なのが、自分が気持ちよくなったからと言って、相手のことを考えずに即切りをすることです。自分だけでなく相手の気持ちにも配慮して、相手にもエッチな気持ちにさせないといけません。

■マナーを守って楽しむようにしよう
テレフォンセックスをやるのであれば、お互いが楽しめるようにコミュニケーションに配慮しながらマナーをしっかりと守ることが大切です。自分だけがエッチな気持ちに浸るのではなく、相手にもそういう気持ちを与えるようにしましょう。

一般的なテレフォンセックスユーザーの為のマナー講座

テレフォンセックスを普通に遊んでみたいという人に知っておいてほしい一般的なテレフォンセックスにおけるマナーを紹介していきたいと思います。


Copyright© 2016年8月10日 一般的なテレフォンセックスユーザーの為のマナー講座
http://www.elainelowenovels.com All Rights Reserved.