Archive for the ‘テレフォンセックスを楽しむために’ Category

相手をゲンナリさせてしまうテレフォンセックスで急に現実に戻す行為はやめよう

2016-09-02

テレフォンセックスでプレイを行うことというのは、実際のセックスと違って相手に直接手に触れたりすることはできません。相手の顔が見えなかったり、相手に触れあうことができなかったりする中で、想像力を働かせて、バーチャルな世界でセックスを楽しむのがテレフォンセックスの本来の姿です。

■現実に引き戻されないことが重要
テレフォンセックスをしている最中で、現実の世界に引き戻されるようなことになると、すぐに醒めてしまいます。そうならないようにどういう場所でやるのかということについて気を遣うべきでしょうし、そのための準備をしっかりとやる必要があるでしょう。

非日常的な体験や刺激を楽しむというのがテレフォンセックスの楽しさになりますので、お互いがどれだけセックスの世界を演じることができるのかというのがポイントです。声や音だけでセックスを楽しみますので、どれだけその雰囲気に興じることができるのかが重要でしょう。

■現実に戻すような醒めた言葉は慎むべき
テレフォンセックスを行っている時にはバーチャルな世界で楽しんでいますので、現実的な言葉を使ってしまうと盛り上がった気持ちが台無しになります。例えば、あまり気持ちが良くないねとか、そんなことは無理だろうなどの言葉は気持ちを萎えさせる言葉で、現実に引き戻されてしまいます。

せっかくテレフォンセックスで楽しんでいるのに、そういう楽しさを享受できないというのはがっかりするでしょう。

■現実的になるような冷たい言葉は使わないようにしよう
テレフォンセックスをやるということは想像力を働かせながらセックスを行いますので、想像力を萎えさせるような現実に引き戻すような言葉は使わないようにしましょう。

テレフォンセックスで命令口調で話すのはやめた方が良いのは間違いないでしょう

2016-08-22

テレフォンセックスにおいて言葉責めをすることはメジャーな攻め方ということが言えるでしょう。しかし、いきなり上から目線というのか命令口調で話しかけるのはマナー違反であることが言えます。攻められるプレイが好きな人であっても、いきなり顔も知らない相手から命令口調で話されるというのはどう考えても失礼なことです。

■いきなり命令口調で話すのはおすすめできない
電話をしてすぐの状態でいきなり上から目線で話されるというのはやっぱり承服できないという人もいます。SM関係のテレフォンセックスであっても、いきなり命令口調で話されるのは不機嫌になってしまうだけでなく、特に激怒してしまう人すらいますので気をつけましょう。

■攻めと受けの関係を作るところから始めるべき
SMプレイみたいなことがしたいのであっても、いきなり命令するような高圧的な感じで話すのはおすすめできません。SMプレイみたいなことがしたかったとしても、まずは攻めと受けの役割をはっきり設定することから始めるべきです。SとMの役割分担がある程度決まってから、Sの人がMの人に命令口調で話すというのはプレイなのでありです。

しっかりと役割分担をすることによってSMプレイが成り立つわけです。言葉責めのようなSMプレイで相手がいきなり怒り出すというのは、やはりきっちりとどういう役割を行うのかということが共有できていないことから起こります。

■命令口調で話していいのは役割分担ができてから
言葉責めのようなSMプレイをやりたいという人もいるわけですが、Sの人がいきなり命令口調で話されることについて抵抗を感じる人もいます。早くプレイに入りたいのであれば、しっかりとお互いの関係を構築するべきです。

テレフォンセックスで自分がイッた瞬間に電話を切ってしまわないようにしよう

2016-08-16

テレフォンセックスを行う際には一人だけで満足をしてはいけません。二人の共同作業によって徐々に気持ちよくなることが重要です。一番やったらよくないことは、自分が行った時に満足してしまって、すぐに電話を切る行為です。こういう行為をしてしまったらもう2度とテレフォンセックスをやることができなくなります。

■イッた時に即切りすることは一番いけない行為
テレフォンセックスはお互いの顔が見えないからといって、自分がイッた時に終了してしまうというのは最悪なことです。相手ももう少しでそういう絶頂の習慣を迎えそうな時に、電話を切る音である「ツーツーツー」という音になったら、テンションが下がってしまいます。

そういうことをされたら、残念ながら気持ちが一瞬で冷めてしまうでしょう。自分がそういう行為をされて嫌だというのであれば、やはり相手に対してもそういう行為をしてはいけないです。2人の共同作業が必要になるテレフォンセックスで、独りよがりな行動をされたらいい気持ちはしません。

■どうやって絶頂を迎えたらいいのか?
どうやって絶頂を迎えたらいいのかと言うと、常に相手の状態を確認しながら、出来ることであれば一緒にイッた方がいいでしょう。ただ、一緒にイケない場合もあるでしょうから、その時は相手が絶頂に迎えるまで支援することが望ましいです。男性としては女性がイクという状態になったら、すぐに射精ができるように準備をしていきましょう。

■絶頂を迎えるタイミングに気をつけよう
テレフォンセックスで絶頂を迎えるタイミングというのはものすごく大切なことで、同時にイクのが一番いいです。一番いけないことは、自分でイッたときにすぐに切ってしまうことです。

テレフォンセックスで関係を構築していないにもかかわらず、しつこく誘うのはやめよう

2016-08-10

テレフォンセックスをしたらそのままの流れで実際に出会いたいという風に思う人も中にはいます。しかし、実際に相手に出会いたいというような人は少ないものです。男性は女性に会いたいという願望がある人が多いですが、女性は男性に会いたいという願望は少ないです。

それにもかかわらず、デートにしつこく誘うというのはやめておいたほうがいいでしょう。

■出会うチャンスがないわけではない
テレフォンセックスを行う人というのは別にその人と出会いたいから行うというわけではないです。テレフォンセックスだけの関係というのも全然あり得ることです。しかし、男と女の世界ですので、リアルな世界でもセックスをやりたいという風に思う可能性は十分にあります。

お互いの価値観が合うというのであれば、信頼できる場合に実際に出会うということもあり得ます。いきなり出会うというのは難しいでしょうが、何度もテレフォンセックスをやって、お互いの体のフィーリングが合っているのであれば、デートに誘ってみてもそんなに悪い感触にはならないのではないでしょうか。

■しつこいお誘いについてはNG
そんなに回数を重ねていないにもかかわらず、デートに誘ったとしてもあまりいい感触は得られないのが当然です。場合によっては女性から電話を切られるということにもなりかねません。テレフォンセックス自体がバーチャルの世界を楽しむものですので、リアルな出会いについて抵抗を感じる人もおり、あまりにしつこい場合は断られる可能性が高いです。

■出会えないわけではないが、しつこく誘うのはいけない
テレフォンセックスで何度も関係性を構築して、相手のことを信頼しているというのであれば、実際にデートに誘ってみるのもいいでしょうが、断られたときにしつこく誘わないことです。

テレフォンセックスで関係を構築していないにもかかわらず、しつこく誘うのはやめよう

テレフォンセックスをしたらそのままの流れで実際に出会いたいという風に思う人も中にはいます。


Copyright© 2016年8月10日 一般的なテレフォンセックスユーザーの為のマナー講座
http://www.elainelowenovels.com All Rights Reserved.