テレフォンセックスで自分がイッた瞬間に電話を切ってしまわないようにしよう

2016-08-16

テレフォンセックスを行う際には一人だけで満足をしてはいけません。二人の共同作業によって徐々に気持ちよくなることが重要です。一番やったらよくないことは、自分が行った時に満足してしまって、すぐに電話を切る行為です。こういう行為をしてしまったらもう2度とテレフォンセックスをやることができなくなります。

■イッた時に即切りすることは一番いけない行為
テレフォンセックスはお互いの顔が見えないからといって、自分がイッた時に終了してしまうというのは最悪なことです。相手ももう少しでそういう絶頂の習慣を迎えそうな時に、電話を切る音である「ツーツーツー」という音になったら、テンションが下がってしまいます。

そういうことをされたら、残念ながら気持ちが一瞬で冷めてしまうでしょう。自分がそういう行為をされて嫌だというのであれば、やはり相手に対してもそういう行為をしてはいけないです。2人の共同作業が必要になるテレフォンセックスで、独りよがりな行動をされたらいい気持ちはしません。

■どうやって絶頂を迎えたらいいのか?
どうやって絶頂を迎えたらいいのかと言うと、常に相手の状態を確認しながら、出来ることであれば一緒にイッた方がいいでしょう。ただ、一緒にイケない場合もあるでしょうから、その時は相手が絶頂に迎えるまで支援することが望ましいです。男性としては女性がイクという状態になったら、すぐに射精ができるように準備をしていきましょう。

■絶頂を迎えるタイミングに気をつけよう
テレフォンセックスで絶頂を迎えるタイミングというのはものすごく大切なことで、同時にイクのが一番いいです。一番いけないことは、自分でイッたときにすぐに切ってしまうことです。

テレフォンセックスで自分がイッた瞬間に電話を切ってしまわないようにしよう

テレフォンセックスを行う際には一人だけで満足をしてはいけません。


Copyright© 2016年8月16日 一般的なテレフォンセックスユーザーの為のマナー講座
http://www.elainelowenovels.com All Rights Reserved.