テレフォンセックスで命令口調で話すのはやめた方が良いのは間違いないでしょう

2016-08-22

テレフォンセックスにおいて言葉責めをすることはメジャーな攻め方ということが言えるでしょう。しかし、いきなり上から目線というのか命令口調で話しかけるのはマナー違反であることが言えます。攻められるプレイが好きな人であっても、いきなり顔も知らない相手から命令口調で話されるというのはどう考えても失礼なことです。

■いきなり命令口調で話すのはおすすめできない
電話をしてすぐの状態でいきなり上から目線で話されるというのはやっぱり承服できないという人もいます。SM関係のテレフォンセックスであっても、いきなり命令口調で話されるのは不機嫌になってしまうだけでなく、特に激怒してしまう人すらいますので気をつけましょう。

■攻めと受けの関係を作るところから始めるべき
SMプレイみたいなことがしたいのであっても、いきなり命令するような高圧的な感じで話すのはおすすめできません。SMプレイみたいなことがしたかったとしても、まずは攻めと受けの役割をはっきり設定することから始めるべきです。SとMの役割分担がある程度決まってから、Sの人がMの人に命令口調で話すというのはプレイなのでありです。

しっかりと役割分担をすることによってSMプレイが成り立つわけです。言葉責めのようなSMプレイで相手がいきなり怒り出すというのは、やはりきっちりとどういう役割を行うのかということが共有できていないことから起こります。

■命令口調で話していいのは役割分担ができてから
言葉責めのようなSMプレイをやりたいという人もいるわけですが、Sの人がいきなり命令口調で話されることについて抵抗を感じる人もいます。早くプレイに入りたいのであれば、しっかりとお互いの関係を構築するべきです。

テレフォンセックスで命令口調で話すのはやめた方が良いのは間違いないでしょう

テレフォンセックスにおいて言葉責めをすることはメジャーな攻め方ということが言えるでしょう。


Copyright© 2016年8月22日 一般的なテレフォンセックスユーザーの為のマナー講座
http://www.elainelowenovels.com All Rights Reserved.